引越し先の賃貸契約では以前の住民票提出を求められることも

引越し先の賃貸契約の際に本人確認のために身分証明証(保険証、運転免許証等)や印鑑等が必要なのはなんとなく想像できますが、他に必要なものとして意外に忘れられがちなのが、引越しする前の住所の住民票の写しです。

住民票には世帯主の氏名や生年月日、家族の氏名、生年月日、続柄が記載されています。

住民票によって住所不定ではないこと、日本人であること、偽名などを使っていないことなどが確認でき、本人特定を行うことができます。

虚偽がないことを確認するためだけでなく、事件や事故などトラブルがあった際にスムーズに対応できるよう、入居者の情報を正確に把握しておきたいという理由もあります。

住民票を役所で取得する場合

住民票の写しは役所で取得できますが平日のみとなります。

平日だと行くのが難しい方もいると思いますが、その場合は同一世帯として住民票に記載されている家族であれば請求できます。

同住所でも世帯が別の場合は、家族であっても委任状が必要になりますが請求は可能です。

住民票の取得はコンビニでも可能!?

また最近ではお近くのコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート等)のキオスク端末(マルチコピー機)でも取得可能となっている行政ほとんどとなりました。

コンビニ交付なら日曜日や祝日も関係ありません。

必要なものはマイナンバーカード(通知カードでは不可)または住民基本台帳カードで、料金は300円程度。

時間もほとんどの店舗で6:00から23:00まで対応しています。

操作も画面の案内に従ってタッチパネルを押していくだけで簡単なので安心してください。

ちなみに住民票には有効期限があり、取得後3ヵ月と言われていますので、引越し日時を逆算して提出時に有効な状態であるように注意してください。

住民票以外に提出を求められる可能性がある書類とは?

賃貸契約の際に必要なのとして他に、会社在籍証明書や収入証明を求める不動産業者もあります。

どちらも勤めている会社でもらうことができますが、発行までにある程度時間がかかると思います。

収入証明に関しては、厳しいところだと給与証明書ではなく、源泉徴収票でないと有効にならないこともあるので前もって確認して揃えてください。

厳選


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/manabou/hikkoshi-ch.net/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/manabou/hikkoshi-ch.net/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/manabou/hikkoshi-ch.net/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す